2009年08月18日

モーツァルトの死因で新説発表

蘭研究チーム、モーツァルトの死因で新説発表

 [ニューヨーク 17日 ロイター] 35歳で亡くなった音楽家モーツァルトの死因は連鎖球菌性咽頭(いんとう)炎の合併症だった、というオランダの研究が17日発表された。>>続きを読む

 モーツァルトの死因は死亡証明書には「急性粟粒疹(ぞくりゅうしん)熱」との記載があるものの、1791年の死去以来、毒殺やリウマチ熱、調理不十分な豚肉による寄生虫感染症などさまざまな説が唱えられてきたらしい。これではっきりしたのかなぁ〜

posted by donpachikun at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125992092
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。